2017年3月18日土曜日

テニュア(Tenure)の審査はどのように行われるか〜第4部〜

約4ヶ月ぶりにブログ再開。

というわけで、テニュア審査編の第4回目。

まずは前回の復習。前回書いたように、審査委員会が基本的に以下の3点を作成する。

1.審査対象者の研究実績や教育、その他の活動内容をまとめたレポート
2.審査対象者のteaching letter
3.他大学の数学者からの推薦状

で、前回は1と2について書いたが、今回は3について。

ここにあるように、他大学の数学者からの推薦状が必要となるのだが、これに関しては一定のルールがある。

ルール1:誰に推薦状を書いてもらうかは基本的に審査委員会が決定し、審査委員が推薦者に直接依頼する。

ルール2:誰が推薦状を書いたかは、審査対象者には最後まで通知されない。

ルール3:公平を期すために、審査対象者に近い人は推薦状を書いてはいけ無い。例えば、審査対象者の大学院時代の指導教官、共同研究者、ポスドク時代のsuperviser、かつての同僚、といった人たちは推薦状を書けない。

ルール4:推薦状の数に決まりは無いが、だいたい6〜10通ぐらいが標準てきである

ルール5:そのうちの数通はアメリカ国外からであることが望ましい。

ルール6:基本的に、それになりのレベルの大学で最低でもFull Professor(数学者への道の第6ラウンド)の地位を得ている人。


とまぁ、そんな感じなのだが、もう少し詳しく書くこと、以下の感じになる。

基本的にはまず、審査対象者が推薦状を書いてくれそうな人を何人かリストアップして、その内の何人かと、そのリスト外の何人かに審査委員会が直接推薦状を依頼して最終的に誰が推薦状を書くかを決定する。

私の場合はまず私が8人ほどの上の条件を満たす数学者のリストを提出して、審査委員会がそのうちの4人に依頼をして、この8人以外からさらに4人に依頼し、合計8人が推薦状を書いたとのこと。

「とのこと」と書いたのは、ルール2にあるように誰が過推薦状を書いたかは、私には知らされていないからである。ただ、8人というのは知らされたが。

といっても、数学者の世界とういのは研究レベルではかなり狭い世界で、まぁ、だいたい誰が書いたかはある程度の予測はできたりもするのではあるが。

ちなみに、推薦状を書く側にとっては、実はこのような依頼を受けるのはそれなりに名誉なことでもあったりもするのだが、このことは別の機会にもう少し詳しく書くことにする。で、さらにちなみに、かなりの大数学者(例えば数学者への道で最終ラウンドまでたどり着いたような人)ともなると、毎年のようにこのような推薦状の依頼が結構な数舞い込んでくるとになるらしい。

話がすこしそれたが、上のルールで特質すべきはルール3だと思う。ここにあるように「身内の人間」は除外される決まりなのである。ちなみにアメリカの大学では推薦状はいろいろな場面で必要になるのだが、テニュア審査以前のレベルではこのようなルールは基本的に存在しないのだが、テニュア審査以降はこのルールが採用される習わしになっている。

まぁ、そんな感じで推薦状が集められ、テニュア審査に必要なすべての書類が揃うことになる。

審査委員会が結成されてから、これらすべての書類が揃うまで、だいたい1年ぐらいかかることになる。


というわけで、第5部へと続く。


ブログランキングに登録しています。 
ここをクリックするとこのブログに票が入るので 
みなさん、清き一票を。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング

2016年11月25日金曜日

テニュア(Tenure)の審査はどのように行われるか〜第3部〜

気がついたら、ブログを3ヶ月近くほったらかしにしてしまった。

という訳で(?)前回からの続きでテニュア審査に関して。

前回はテニュアの審査される側が提出する必要がある書類(CV等)について書いたが、今回は審査委員会側が作成する書類について書くことにする。

審査される側に比べればそれほど多くもないのだが、基本的には以下の三つになる。

1.審査対象者の研究実績や教育、その他の活動内容をまとめたレポート
2.審査対象者のteaching letter
3.他大学の数学者からの推薦状

といってもこれらは、審査対象者には公開されないため、私の場合はどうだったかは正確にはわから無いのではあるが。(ある程度の予想はできるが。)

で、まず、1に関してであるが、基本的には審査対象が提出した書類などを元に委員会のメンバーが研究実績などを数ページにまとめたもので、言って見ればCVの「箇条書きで無いバージョン」のようなものと思えばわかり易いだろうか。

そして、2であるが、アメリカの場合テニュア審査に限らず、就活(数学者の)の際にもかならずteaching letterというのが必要になる。これは、teachingのスキルに関する推薦状のことで、基本的には推薦城を書く側が審査対象者の授業を実際に見学しに来て、それを元に1〜3ページぐらいの推薦状を書くのが普通である。私の場合もテニュアの審査に先立ち数学科の教授2名が(個別に)私の授業を見学しに来て、それぞれが1通づつの推薦状を書いたようである。もちろん内容は私には知らされ無いため、どのようなことが書かれたかは私には不明ではあるが。


そして、最後の3であるが、実はこれがおそらくテニュア審査において、研究実績と同等ぐらいに重要なものなのだが、これについては、次回に書くことにする。



ブログランキングに登録しています。 
ここをクリックするとこのブログに票が入るので 
みなさん、清き一票を。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング

2016年9月3日土曜日

テニュア(Tenure)の審査はどのように行われるか〜第2部〜

前回に続き、テニュア審査について。

前回書いたように、基本的にテニュア審査までの期間(猶予期間)はTenure-Trackのポジションを得た時点での契約によって異るのだが、6年が基本。で、その中間地点にMidterm Reviewと呼ばれるちょっとした審査がるのだが、本格的な審査は(猶予期間が6年の場合)4年目の初めごろ(通常は秋学期の初め)から始まる。

まず初めに行われるのが、数学科の教授数名からなる審査委員会が作られる。基本的に審査対象の研究分野にある程度近い分野を専門にしている教授が審査員のメンバーとして選ばれるのが普通である。ちなみに私の場合は4名の審査委員からなる委員会が結成された。

この審査委員の主な仕事は必要書類の作成。

必要書類といっても、審査される側が提出するものと委員会側が提出するものがあるのだが、まず審査される側が提出するものは

1履歴書(アメリカで言うところのいわゆるCV
2論文リストとその概要
3各論文が掲載されたジャーナ等のレベルを示すランキング的なもの
4全論文のコピー(論文リストの信憑性などのため)
5今後の研究計画
6過去の教育実績(授業評価のスコアー表など)
7その他の学術的活動内容(あれば何でも)

といった感じになる。

ところで、この履歴書(CV)は例えば日本で就活などに使われる履歴書とは異なり、決められたフォーマットのようなものが存在しないのである。そのため、各自が自分の好きなように履歴を記載するのだが、それでも「だいたい皆んなこんな感じに書く」という一般的な書き方のようなものは一応存在する。

で、どんな感じかというと、以下の項目を箇条書きに書いていくことになる。(もちろん数学の場合であり、他分野の場合はことなり得ることもあるのでご注意を。)

1.本名(正式な名前)
2.大学(学部)以降の学歴および大学院などでの指導教官の名前(ちなみに高校以前の学歴はさすがに記載しないのが普通)
3.職歴及(ポスドクなどのポジションではそのsupervisorの名前も記載すふのが普通)
4.論文リスト
5.教育経験
6.過去に獲得した研究費のリスト
7.研究集会やセミナーなどでの講演の全リスト(結構な長さになる)
8.参加した研究集会などのリスト(さらにかなりの長さになる)
9.主催した研究集会などのリスト
10.直接指導した大学(院)生やポスドクの名前及び(分かる範囲での)その学生やポスドクの現在のポジション
11.査読をしたことがある本や論文ジャーナルのリスト
12.大学内でそれまでに所属した委員会などのリスト
13.その他、本人が有利になると思うことがあれば何でも書く

といった感じになる。

別にこの順序で書かなければいけないという決まりもないし、これら全てを書く必要も無いのだが、まぁ、通常はこんな感じであろうか。

ちなみに「生年月日」は記載しないのが通常である。これはテニュア審査に限らず、就活でもそうなのだが、アメリカでは年齢で人を差別することは禁じられてるからである。

重要性としては論文リストが圧倒的で、それ以外は飾りよのうなものという気もするが、論文以外のほとんどの項目は結局は論文(つまり研究実績)とともに増えていくものでもあるのだ。

いずれにしてもかなりの長さになるのだが、このCVって結構頻繁に提出しなければならない機会があるため(最低年1回)、テニュア審査とか関係なく随時更新しているため、作成には特に時間がかかるというものでもないのではある。

で、当然、数学者として実績を積めば積むほどCVはどんどん長くなってくことになる。ちょっと前に某大物数学者のCVを見せてもらったのだが、軽く20ページを超えていた。私の場合、今のところせいぜい6ページぐらいといった感じであろうか。

話をテニュア審査にもどすが、上にも書いたように、これとは別口で論文リスト及び論文のもう少し詳細な内容を提出する必要がある。

とまぁ、こんな感じなのだが、CV以外でも、このような書類作成をする必要がある機会は他にもあるため(就活や研究費の申請等)、随時とは言わ無いまでも「前にもやったことがある」ことの延長であるため、特に「大仕事」というほどでもないというのもまた事実なのである。


というわけで、今回はここまでで、第3部へと続く。



ブログランキングに登録しています。 
ここをクリックするとこのブログに票が入るので 
みなさん、清き一票を。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング

2016年8月23日火曜日

テニュア(Tenure)の審査はどのように行われるか〜第1部〜

前回書いたように、私もついにテニュア(Tenure)がもらえました。

そんな訳で(?)、今回から数回にわたって、このテニュアのための審査がどのように行われるかについて書いてみたいと思います。ちなみに(これを書いている時点での)Wikipediaのテニュアのところにも簡単に書いてあるけれど、もう少し詳しく書こうと思います。

基本的にTenureの一歩前の段階がTenure Trackと呼ばれているもので、まずはこのTenure Trackというポジションを取る必要があります。つまり数学者への道の第4ラウンドに進む必要がある。

(ちなみに、今読み返してみたら、数学者への道で書いた第4ラウンドって、イマイチ正確さに欠けている感じがするから、ここで書くことがその修正及び補足と思ってください。まぁ、この記事を書いたのは今から6年以上前で、私自身もその当時は第3ラウンドの真っ最中で、その先のことを正確には理解できてなかったという事情もあるのだが。)

話をもどすが、まず、このTenure Trackのポジションを得た際の契約が「probation periodが◯年」みたいな感じになる。このprobationって言葉、日本語に訳すと「執行猶予」って意味で、英語でも通常probationって言ったら執行猶予の意味なのだが、なぜか大学のTenure Trackの場合でもprobationという言葉が使われる。

つまり、Tenure Trackの期間というのは「執行猶予期間」なのである。

で、ここで「◯年」と書いた年数なのだが、Wikipediaには6年って書いてあるけど、実はこれには個人差があり、Tenure Trackの契約を結んだ時点でのそれまでの実績や経歴などによって多少変わってくる場合もあり、短い場合だと2年、長い場合は7年ぐらいの「猶予期間」が与えられる。

ただ、最も典型的なのが6年であるように思われる。私の場合も6年だった。

そして、この「猶予期間」中にTenureを取ることが要求され、もしその間にTenureを取れなければ、別の身の振り方を考えなければならなくなるのだが、そのことについては別の機会にでも書くことにする。

で、ここから先の話は専攻分野や同じ分野でも大学によって異なり得るため、ここでは数学(特に私の場合)に限定して書くことにする。

まず、この「猶予期間」中は毎年、数学科の教授(数学者への道の第6ラウンドまで辿りついた人たち)数名から構成される委員会がTenure Track教員の研究及び教育の達成度を評価しそれをまとめた1〜2ページの書類を作成し本人に手渡される。

そして、6年の猶予期間が与えられた教員の場合は、中間地点となる3年目の終わりに"Midterm Review"とよばれる数ページからなる書類が作成される。毎年手渡される書類と本質的にはあまり変わらないのだが、より詳しくその教員のそれまでの研究や教育の実績、その他の活動、とりわけTenure Trackのポジションを得てからの実績などを中心に、来るべくTenure審査にむけてどれだけ順調か(順調でないか)を事細かに書かれることになる。そして、この書類が数学科のすでにTenureを持っている教員の会議にかけられ、書類自体の妥当性について投票がおこなられ、パスすれば、数学科のさらに上の学部長(dean)へと送られる。そして学部長が承諾しサインをしたもののコピーが審査対象である教員へと渡されることになる。

ちなみにこのMidterm Reviewというのは良くても悪くてもその後のTenure審査に影響を及ぼすものではなく、あくまでも中間地点で数学科がその時点でどのくらい評価しているかを本人に知らせるためのものと考えてもいいように思える。

それでもMidterm Reviewの結果が良ければある程度の安堵感が得られるのもまた事実である。また悪ければそれなりの気持ちになるであろうことは言うまでもない。

そして、猶予期間が6年の教員の場合であればMidterm Reviewから3年後にTenureの審査を迎えるのだが、実はTenureの審査には意外と時間がかかり「3年後」などと悠長なことも言ってられないのである。



で、この先は第二部に続く。




ブログランキングに登録しています。 
ここをクリックするとこのブログに票が入るので 
みなさん、清き一票を。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング

2016年8月11日木曜日

ついにTenureがもらえました

先月のこと。ついにTenureがもらえました。

って、何のこと?という人のために、わかりやすく言えば数学者への道の第5ラウンドに駒をすすめることができた、ということです。

数学者への道最終段階まであと2ラウンド!

いづれにしても、これで基本的に大学を解雇される可能性がなくなたということになります。

ちなみに、このTenureの審査はどのように行われるかについては後ほど(気が向いた時に)書いてみたいと思います。





ブログランキングに登録しています。 
ここをクリックするとこのブログに票が入るので 
みなさん、清き一票を。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング

2016年8月6日土曜日

出張記〜Banff、カナダ〜その2

1週間遅れの出張記。カナダでの研究集会。

この手の研究集会だと、だいたい水曜日あたりは午後がフリーになって、どっかに遠足に行ったりする。で、今回もちょっとしたハイキングに行ったのだが、その帰りに見たのがこれ。




こんな虹をみたのは初めてだと思う。



ブログランキングに登録しています。 
ここをクリックするとこのブログに票が入るので 
みなさん、清き一票を。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング

2016年8月1日月曜日

出張記〜Banff、カナダ〜

先週、カナダのBanffという場所にある研究施設での研究集会に行ってきました。

ここに来たのはこれで3回目。前回は約2年前(参照記事)。

ちなみにここでは朝昼晩と3食全て食べ放題。これはとある日の昼食。












いったい、どんだけ食わすんだ。って別に、全部食べる必要は無いのだが...。


ブログランキングに登録しています。 
ここをクリックするとこのブログに票が入るので 
みなさん、清き一票を。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング