YouTubeに移行しました


当ブログはYouTubeに移行しました。


チャンネル登録をお願いします。

2014年5月30日金曜日

共著とは〜STAP細胞論文に思う事その4〜

一ヶ月以上間が空いてしまった。今学期も無事終了し、その後はひたすら論文を書いていました。

ところで論文と言えばSTAP論文?
って、この話題はもうかなり沈静化しているのだろうか?

いずれにしても、この件に関して言いたい事(書きたい事)はまだあるのだが、今回は「共著とは」について書いてみる事にする。

現代においては、多くの分野では論文を「共著」という形で執筆することが一般的になっている。ガリレオやニュートンの時代ならまだしも、現代では自然科学は言うまでもなく、その他の分野であっても、学問が高度に発展しており、たった一人だけで研究をし論文を発表することが極めて困難になっているからである。

数学のような学問は自然科学とは異なり(学問の性質上)ある程度は一人だけでも研究できるため共著にならないsingle authorの場合もあるのだが、やはり共著も多数ある。私の論文も約半数は共著である。

そして、共著者に名を連ねるという事はどういうことか?

それは

1.論文に書かれた研究結果の功績の一部が自分のものになる。
2.論文の責任を負う。

ということである。

そして多くの分野では、この「功績と責任」の大きさに応じて、第一著者、第二著者、などといった共著者の「順位」みたいのが決まったりする。

ところで話はちょっと逸れるが、数学ではこのような「共著者の順位」みたいなものは存在せず、共著者は全員、名字のアルファベット順に表記されることになっている。つまり、共著者全員に同等の「功績と責任」が振り分けられるのである。

今回のSTAP論文も共著論文である。数学ではないため第一著者の小保方さんに一番多くの「功績と責任」が与えられるのだが、その全てが与えられる訳ではない。

しかし、これまでの事件の流れを見ると他の共著者は責任の全てを小保方さんに押し付けている。

共著者に名を連ね功績の一部はいただく、でも責任は一切負わない、というのであれば、それはもはや共著ではなく単なる詐欺である。こういう人達は今すぐ学問の世界から足を洗うべきである。



ブログランキングに登録しています。 
ここをクリックするとこのブログに票が入るので 
みなさん、清き一票を。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング