YouTubeに移行しました


当ブログはYouTubeに移行しました。


チャンネル登録をお願いします。

2014年8月6日水曜日

真犯人よ出てこい!〜スタップ細胞論文に思う事その5〜

個人的にはこの話題がこんなに長い間(半年以上)に渡ってマスゴミの餌食になるとは思ってなかったのだが、ついには関係者の自殺という事態にまで至ってしまった。「マスゴミによるイジメ自殺」と言っていいと思う。

ところで、私は日本から離れているため、基本的にネットでのみの情報収集となるのだが、今回の一連の報道等を見ていて、一つだけほとんど指摘されていな事がある事に気がついた。

それは「真犯人」の存在が未だに取り上げられていないことである。

まず、今年の一月に理研がNHKを通じて、STAP細胞に関する記者会見を行った。(ちなみに私的には、これ自体が異常な事である。たかがNatureに論文を発表したぐらいで、テレビで記者会見など、普通はあり得ないことだからだ。おそらく理研としてはSTAP細胞に関して相当の自身があったのだろう。が、この事は今回は触れないでおくことにする。)

そして、その約一ヶ月後に、論文の不備が発覚。使われている画像のうち3枚ほどが使い回しであったという事である。

ところで、この問題になったNatureの論文は以下のリンクで公開されている。(すでに論文は撤回されているため、Retractedと書かれているが、それでも読む事はできる。)

http://www.nature.com/nature/journal/v505/n7485/full/nature12968.html

マスゴミ関係者は言うまでもなく、小保方氏やその論文を叩いている人のいったいどれだけの人が、この論文に実際に読んだのだろうか?と思ったりもするのだが、とにかくさらっとでも目を通せば分かる事がある。

まず、ほとんどの人に取っては(英語が読める人であっても)いったい何が書いてあるかすら分からない、ということである。

そして、この論文には約80点ほどの画像と4つの動画が添付されているのだ。

で、そのうちの3枚ほどがちょっとおかしかった、といったことが発覚したのである。しかもこの画像は後に小保方氏が単純ミスで本来使うべき画像を他の画像と間違って貼ってしまったと、説明しているものである。さらには、Natureの査読員だって指摘できなかったほどである。

って、じゃあ、いったい誰がそんな細かい点に気づいたのか?まさに重箱の隅をつつかなければ分からないような点である。

さらには、これとほぼ時を同じくして、Natureの論文とは直接は関係のない小保方氏の博士論文の序章のコピペ問題も発覚した。(ちなみに、このコピペ問題がどの程度の問題なのかに関しては以前に書いたことも読んでください)



この二つが「不正」として各メディアに時を同じくして報じられたのである。そう、ほぼ同時に「発覚」したのである



明らかに言える事は、マスゴミ関係者や一般のネットユーザーが同時にこの二つに気がつくことなどまずあり得ない、ということである。いや、それどころか専門家であっても気づかないようなことである。実際にNatureの査読員は気づかなかった訳だし。


おそらく(というかほぼ間違いなく)以前からこの二つの問題点を知っていた人物がタイミングを見計らってマスゴミにリークしたものと考えられる。

推測ではあるが、理研内部のとくに小保方氏をよく知る人物によるものであろうか。おそらく小保方氏の研究グループの行動をやっかんだ理研内部の別のグループや派閥による「犯行」のようにも思える。

そして、目論み通りにマスゴミが騒いでくれた。

さらに、暴れだしたマスゴミの止め方など知る由もない理研はとりあえずの謝罪。でも、事件は収まる訳もなく、逆に騒ぎが大きくなり、結局今回のような事態に至ってしまった、というのが私の考えるところである。


で、私が声を大にして言いたいことは、この「真犯人」を追求する必要がある、ということである。不正とも言えないような、ちょっとしたミスによる画像の取り違いと博士論文の序章のコピペ。こんな程度のものをあたかも犯罪であるかのごとくにマスゴミにリークした理研内部のやっかみ連中。私はこのような人達が必ずいると確信している。そして彼らは今でも陰でほくそ笑んでいるはずである。



ブログランキングに登録しています。 
ここをクリックするとこのブログに票が入るので 
みなさん、清き一票を。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング