2010年4月1日木曜日

理系大学院留学―アメリカで実現する研究者への道

というタイトルの本が出ました。

これは私がだいぶ前から参加している、カガクシャネットというグループ(?)の参加者が記事を出しあって出版したもでのす。

留学本では最大手のアルク出版から出ています。

私の記事も少し載っています。3ページほどですが(汗)。私の記事は基本的には、以前このカガクシャネットのメルマガに投稿したものに少しだけ手直しした程度のものなのですが、私が留学した時の経緯などについて書いてあります。もう、かれこれ十年以上前の昔話ではありますが......

基本的には、これから、サイエンスや工学系で大学院留学を考えている人を対象とした本ですので、興味がある人は読んでみてください。

ちなみに、私には原稿料として6500円くれました(笑)。今度日本に帰った時の飲み代に消える予定です。

でも、実はこの「理系大学院留学」というタイトルには私は難色を示していて、別のタイトルに帰るように提案もしたのですが、出版社意向もあり、このようなタイトルになってしまいました。

で、何故、このタイトルに反対なのかというと、かなり長くなるので、また別の機会に書きたいと思います。






ブログランキングに登録しています。
ここをクリックするとこのブログに票が入るので
みなさん、清き一票を。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング

9 件のコメント:

あずぴか さんのコメント...

なーんだ、買ったら原稿料またもらえる訳じゃないんだ。残念だねえ。貢献出来ないんじゃ立ち読みでもしよっと。大きな本屋に行かないとなさそうな気もするが(笑)。
タイトルについてのブログと熱帯魚ブログのアップ、よろしくね。

けん さんのコメント...

 理系大学院留学、拝見させていただきました。参考になりました。
 質問があるのですが、武田さんは大学院にアプライした際キャリアパスはすでに描かれていましたか?「理系大学院留学」の武田さんの記事を見るとキャリアパスは当時決めていなかったのかなと察しますが、その場合大学にアプライする際のエッセーでは自身のキャリアパス、将来のビジョンをどのように記述したのでしょうか。
 また研究計画もエッセーに書くかと思いますので、その点もどうなされたのか気になります。学部時代と分野が一致していれば書きやすいかと思いますが、異なる分野の研究計画を書くのは難しいと思います。
 私も武田さんほどではありませんが、専攻分野を若干変えようと考えております。奨学金を申し込もうと思うのですが、エッセーに記載しなければならないキャリアパスや特に研究計画が上手く書けず苦戦しています。何かアドバイスや武田さんご自身の経験など教えていただけるとありがたいです。

謎の数学者 さんのコメント...

けんさん、ご質問ありがとうございます。
私が一番最初に日本からアプライした際には、具体的なキャリアパスは一切ありませんでした。いつかPh.Dがとれればいいなぁ〜、ぐらいの感覚でした。ましてや研究計画のようなものは皆無の状態でした

大学院にアプライする際のエッセイに関してですが、この辺は分野によって多少異なってくる上に、けんさんがどのような分野なのか分からないため、かなり一般論しか言えませんが、基本的にこのエッセイは「研究計画やキャリアパス」のようなものを書くのではなく、自分が今までにやってきたこと(特に学部時代)及びなぜ大学院に進んでその分野をさらに追求したいのか、といった事を書くもであるため、とくに将来の具体的なビジョンが無くても問題ないのです。もちろん、少しぐらいは、どのような研究がしたいか、といったことを大まかに書くのは悪くありませんが。

実際、アメリカの場合、大学院であっても最初の2年間ぐらい(日本でいう修士に相当する部分)は「教育の場」とうい認識が強く、また、アメリカの場合、学部の時点では「研究」のようなものは行われないのが通常です。したがって、大学院出願の際に研究テーマのようなものは決められないし、決める必要もないのです。そして、当然、エッセイにそのような事を記述する必要も無いのです。

また、奨学金を希望しているとのことですが、アメリカの大学院の奨学金でしょうか?それとも国内のものなのでしょうか?また、分野はどの分野からどの分野に変更したいとお考えなのでしょうか?その辺を教えていただければ、もう少し具体的なアドバイスが出来るのですが。

けん さんのコメント...

お返事ありがとうございます。

なるほど、エッセイには研究計画やキャリアパスを書くわけではないのですね。奨学金を申請するのは実際にアメリカの大学院に申請するいい練習になると聞いておりまして(ある方は奨学金のエッセイをほとんどそのまま英訳したものを大学院用のエッセイとして提出した、と聞きました)、奨学金の申請書を見てみると、研究計画、キャリアパスを書く欄がありましたのでてっきりそういったことをエッセイとして書くのかと思っていました。

分野ですが、具体的には眼科学から食品化学へ分野を変更しようと考えています。生命科学系の分野から農学、化学系の分野への変更なので武田さんほどの大きな変更ではないかなと思います。

奨学金ですが国内のものと考えて質問させていていただきました。コメントした際はアメリカの大学院の奨学金のことを考慮していませんでしたが、調べてみると留学生用の奨学金など利用できそうなものもあるんですね。

謎の数学者 さんのコメント...

けんさん。

なるほど、私ほどではないですがかなり大きな分野変更ですね。このような場合、国内の財団等が発行している奨学金はかなり厳しいと思います。というのも、日本ではアメリカと大きく異なり「大学院=研究の場」という考え方がかなり強い上に(従って研究計画のようなものも要求される)、「分野を変更する」という発想がほとんどないく、そもそも分野を変える事がネガティブに考えられている節があるからです。

私も留学を志した当初、国内の奨学金にアプライすることも考えたのですが、最終的には全て諦めました。理由はこれらの奨学金のほとんどが研究テーマなどかなり具体的なプランを要求しており、専攻を変えるために留学を考えている人のことなど、全く考慮されていないからです。留学生向けの奨学金でありながら、日米の違いが全く考慮されていないのは何とも悲しくもありますが、それが現実でもあります。

個人的なアドバイスではありますが、この手の奨学金は思い切って諦めるのも時間と労力を無駄にしない一つの方法だと思います。

また食品化学ということで、このような分野(実験科学系)では研究室の教授などからサポートをもらえる可能性も高く、留学してからでもそれなりに財政援助を得られる可能性もあるため、そちらの方を当たってみてはいかがでしょうか?

けん さんのコメント...

アドバイスありがとうございます。

やはり分野を変えるとなると国内の奨学金は厳しいのですね。確かに受かる可能性のかなり低い国内の奨学金にアプライするのは時間の無駄になりそうなので、少しでも可能性のありそうな教授からのサポート(RAやTA)に狙いを絞ろうかと思います。

アメリカの大学院の奨学金に関して気になることがあるのですが、留学してからの財政援助というのはRA・TA以外の財政援助のことでしょうか(例えば留学生用の奨学金など)。また、そのような財政援助を受けるのはかなり狭き門だと聞いたことがあるのですが、やはりそうなのですか?

謎の数学者 さんのコメント...

けんさん。
はい、基本的にTAやRAのことです。(もちろん、例外的にそれ以外のものもありますが。)分野にもよるのですが、実験系の分野でしたらRAのポジションを得られる確率はは思っているよりも高くなると思います。ただ、私自身は数学ですので、細かい事はその分野の人に聞いてみるのがいいと思います。

流学生 さんのコメント...

学部4年で環境科学を専攻している者です。アメリカで修士をとりたいと考えています。
願書と一緒に提出するエッセイについて質問があります。

修士のエッセイの場合どのような内容を含んでいればよいのでしょうか。
「理系大学院留学」に書いているエッセイの例はPhDに出願する方向けのためエッセイの内容に希望する指導教授や研究に関する内容を含めていますが、
修士の場合指導教官はなく、またコースワーク中心のため研究に関する内容はそこまで記述する必要もないように感じます。
そのため修士の場合含めるべき内容は
・学部時代の研究やその他の活動について
・なぜその大学に行きたいのか
などでしょうか。

筆者さんが願書を出された際どのような内容のエッセイを書いたかを、もし覚えていましたら教えていただいてもよろしいですか。

謎の数学者 さんのコメント...

流学生さん。
このエッセイに関しては、分野によって捉え方が変わりうるものであるだけでなく、読む人(つまり入学審査委員)の個人的な考え方によっても変わってくるものであるため、一概にどのような内容が良いのかを判断するのは難しい上に、わたしは環境科学を専攻している訳ではないので、どこまで適切なことが言えるのか分かりかねます。

ですが、あくまでも私の経験や私の専攻分野(数学)での話で、個人的な考えを言えば、基本的に以下の2点を頭に入れておくと良いと思います。

1.エッセイは、日本人が一般に思っているほど、入学審査において重要視されない。
2.将来の研究計画や、どの指導教官のもとで研究をしたいのかを書くものではない。

とくに私は2の点が勘違いされているように思います。大学院出願時(つまり学部4年)ではおよそ「研究」などと呼べるようなものに着手していないのが基本です。特にアメリカでは。従って誰もエッセイに研究に関して書いてあることなど期待していません。逆に研究のこととかが誇らしげに書いてあったら「この人、本当に分かってるのかな?知ったかぶってるだけなんじゃないか?」といったような感じで受け止められる可能性もあります。

基本的にこのエッセイは「将来のプラン」を書くというよりは「過去に何をしてきたか」について書くものであると考えてください。(というか私はそう考えています。)

大学院の入学審査は基本的に学部時代の成績および推薦状が大きな比重を占めます。ですが、成績証明書だけでは表面的なデータ(どのような授業を履修してどういう成績をとったか)だけしか分からないため、それにいわば「肉付け」するものがエッセイであると考えれば良いかと思います。

もう少し具体的に言えば、どのような経緯でその分野に興味をもち、そのためにどのような勉強(研究ではなく)をしてきたのか、そして、なぜ大学院に進んでまでさらにその分野を勉強したいのか、といったことを書くのがよいと思います。そしてエッセイの最後に少しだけ、その大学院では特にどのような勉強がしたいか、といったようなことを書いても悪くは無いと思います。

また私個人の意見ではありますが「研究 (research)」などといった言葉は軽々しく使わない方が良いと思います。

最後に私が出願した際に書いたものですが、日本の大学からアメリカの大学院にアプライしたのは20年近く前になるのですが、その内容は今でもだいたい覚えています。で、今振り返るととても恥ずかしい内容のものでした。特に上であげた2の点を勘違いしていました。それでも、自費留学であったため、なんとかそれほどレベルの高くない大学院に引っかかりましたが。

では。