2007年9月30日日曜日

家賃の払い方

今日は日曜日。イスラエルは日曜は平日。
でも、ちょっと遅めに起床。ネットをだらだらと徘徊しながら、軽く朝食兼昼食をとる。

プリンターが使いたかったということもあって、そのあとすぐ大学へ。大学は自転車で10分ぐらいのところにある。自分のオフィスで相変わらず、論文の校正である。で、5時頃帰宅。とちょうどその時、携帯が鳴った。大家からである。

実は私のアパートは先月まで、私の友人(私と同様に大学でポスドクをしていた)が住んでた場所で、その友人がアメリカに帰ったので、それと入れ替わるかたちで、私が入居したのだ。そんな事情もあり、大家との正式契約をまだ交わしていなかったため、そのことで今夜会いたい、との用件であった。

昼食が軽めで、すでにお腹が空いていたため、大家が来る前に夕食をとることにした。作るのがちょっとめんどくさかったから、down townまで自転車を飛ばしてShawarma を食べて、ついでにちょっと買い物して帰ってきた。

そして大家登場。イスラエルの賃貸契約はちょっと変わっていて(というか、これはイスラエルではどこでもそうなのか、私のアパートだけなのかは知らないが)、たとえば一年契約の場合、各月の家賃分のチェックを12枚あらかじめ書いて、大家に渡す仕組みになっている。で、大家は毎月決まった日にその月の分のチェックを銀行で換金して、その分が私の銀行口座から引き落とされる仕組みになっている。そんな訳で、12枚のチェックにサインをして大家に渡した。あと、security depositのチェックもサインして渡すのだが、こちらの方は換金する日付を空欄にして渡すのである。そして、何も問題が起こらなければ、部屋を立ち退いた際に、換金されず破って捨てる仕組である。

そんなこんなで、30分ぐらいのやり取りを終えて、大家は去って行った。さらば大家さん。 また会う日まで。

そのあとは、再び論文の校正である。この論文も完成にかなり近づいた。

1 件のコメント:

あずぴか さんのコメント...

教えてくれたから早速読みにきたよ。(^-^)
家賃の払い方ってそんな風にするんだ〜。我が家もアパート持ってるけど、下宿人が振り込むパターンだね。私日本に住んでる限りはチェック使わないだろうね、
海外旅行でのトラベラーズチェック以外は。