2009年2月22日日曜日

Ilya Piatetski-Shapiro

今日は日曜日。なんと昼近くまで寝てしまった......

コーヒー飲みながらいつものようにメールをチェック。そしたらなんとPiatetski-Shapiroと題したメールが二通も届いていた。一通はイスラエルの知人から、もう一通はShahidiからである。

まさか!

と思ってメールを読んだら、まさにその「まさか」だった。あのPiatetski-Shapiroが一昨日、亡くなったとの知らせであった。

私は一年ほど前、イスラエルで彼に会った。いや、単に見たとでも言うべきか(参照記事)。その時もかなり病状は深刻そうではあったのではあるが。

おそらく、享年80歳ぐらいだと思う。もう、充分長生きしたと言えば言えるかもしれないが、実際に会ったことがある人の死の知らせはやはり単なる死亡記事とは異り、悲しいものである。

とにかく、そんな訳で、偉大な数学者が一人この世を去っていったのである。


ここをクリックしてくださいませ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング

1 件のコメント:

あずぴか さんのコメント...

知ってる人が(たとえそれが顔見知り程度だったとしても)亡くなるのは悲しい事だよね…。ましてそれが尊敬している人物だったとしたら。日本では既に火曜日だけど、お悔やみ申し上げます。m(_ _)m